アスパラ日記

メモ用

小説

硝子戸の中(小説)

1933年・日本・夏目漱石・岩波書店 「硝子戸の中(うち)から外を見渡すと、霜除をした芭蕉だの、赤い実の成ったうめもどきの枝だの、無遠慮に直立した電信柱だのがすぐ眼に着くが、その他にこれといって数えだてるほどのものは殆んど視線に入って来ない。書…